3つの「無料法律相談」

無料電話法律相談 無料事務所法律相談 刑事弁護ほっとダイヤル

トップページ > 相談、依頼について > 3つの「無料法律相談」

  • 少しだけ弁護士に質問してみたい
  • いきなり法律事務所に行くのは不安
  • 弁護士費用がいくらかかるのか不安
  • 引き受けてもらえるのかどうかわからない
  • という方へ

無料電話法律相談 専門ダイヤル

TEL: 045-272-1040専用 045-272-1040

平日営業日 9:30~18:00(初回限り無料,15分以内)

以下の注意事項を必ずご確認ください

無料電話法律相談 注意事項

  1. 1. 匿名での相談に応じることができません。

    電話の冒頭に事務職員(場合により弁護士)が応対し,相談者様の氏名,住所,連絡先電話番号をお聞きいたします。
    受任している事件との利益相反関係等を確認する必要があり,ご理解をお願いいたします。

  2. 2. 法律相談は必ず弁護士が対応いたします。

    弁護士がすぐに電話に出られない場合があり,その場合には,指定の時刻におかけ直しいただきます。

  3. 3. 一般的な内容としての回答になります。

    できるだけお役に立ちたいと考えていますが,電話相談の場合,相談者様の身分確認が直接できず,得られる情報も限られるため,一般的な内容としての回答となります。 個別事案に対する意見や専門的な内容,調査が必要な事項については回答を控えさせていただく場合があります。
    本格的な相談の前の簡易な相談と捉えていただき,「弁護士が何をしてくれそうか」「いくらかかりそうか」など,まずは遠慮なく「電話無料法律相談」をご利用ください。

  4. 4. 初回限り,15分の時間厳守となります。

    相談開始から15分を経過した時点で電話を切らせていただきます。本サービスを多くの皆様にご利用いただき,できる限り継続したいと考えておりますので,ご了解願います。
    「15分」という短い時間ではありますが,「聞いたら安心した」「手遅れになる前に聞いて良かった」という声も多く聞かれます。是非ご活用ください。
    必要があればその後にご来所いただき,「無料事務所法律相談」をご活用ください。

  5. 5. 同一・同種内容のご相談につき「初回限り」となります。

    本サービスを多くの皆様にご利用いただき,できる限り継続したいと考えておりますので,ご了解願います。
    「刑事弁護ほっとダイヤル」に引き続いて「無料電話法律相談」専門ダイヤルをご利用いただくことはできません。

  • とりあえず無料で法律相談を受けたい
  • 依頼するかどうかは弁護士と会ってから決めたい
  • 仕事帰りしか時間が取れないので平日の夜間に相談に行きたい
  • 相続や離婚問題に詳しい弁護士を探している
  • という方へ

無料事務所法律相談 初回のみ,30分以内,要予約

平日営業日 9:30~20:00(電話予約は18:00まで)

初回のみ,30分以内,要予約
平日営業日 9:30~20:00
(電話予約は18:00まで)

JR横浜駅から徒歩7分,ハマボールイアスから徒歩1分 アクセス

以下の注意事項を必ずご確認ください

無料事務所法律相談 注意事項

  1. 1. 「無料事務所法律相談」は,事前の予約が必要となります。

    事務所代表電話045−312−9061にお電話をいただくか,メールフォームをご活用ください。当日の対応が可能な場合もありますので,急ぎの場合にはお電話をください。

  2. 2. 匿名での相談に応じることができません。

    ご予約の際に,相談者様の氏名,住所,連絡先電話番号をお聞きいたします。
    受任している事件との利益相反関係等を確認する必要があり,ご理解をお願いいたします。

  3. 3. 相談対応可能かどうか事前にご確認ください。

    相談内容は限定しませんが,対応できない特殊分野もあります。「父からの相続問題について」「妻(夫)との離婚問題について」程度でかまいませんので,予約の際に簡単な内容をお知らせいただき,対応可能かどうかご確認ください。

  4. 4. 30分を経過した後は,有料相談となります。

    5000円(税別)/30分の法律相談料をいただきますが,事務所法律相談の法律相談料の上限は1万5000円(税別,最長2時間)です。
    登場人物や事案の概要をメモにまとめてきていただけると効率的にお話を聞くことができます。

  5. 5. 関係資料をご持参ください。

    できるだけ正確な回答を行いたいと考えますので,契約書,写真,裁判資料など,関係する資料があれば全てお持ちください。

  6. 6. 同一・同種内容のご相談につき「初回限り」となります。

    本サービスを多くの皆様にご利用いただき,できる限り継続したいと考えておりますので,ご了解願います。

  7. 7. 土日祝日の「無料事務所法律相談」は,実施していません。

  • 夫が逮捕されてしまい,すぐにでも弁護活動をしてもらいたい
  • 社長が逮捕されてしまい,このままでは会社がつぶれかねない
  • 子どもが逮捕されてしまい,退学になってしまう
  • 警察官から警察署に出頭するように言われ今後どうなるのか不安
  • という方へ

刑事弁護ほっとダイヤル 相談無料,初回のみ,15分以内

緊急に
弁護活動が
必要な場合に

相談無料,初回のみ,15分以内365日・夜間も対応 8:00~22:00

以下の注意事項を必ずご確認ください

刑事弁護ほっとダイヤル 注意事項

  1. 1. 緊急性のあるご相談に限ります。

    刑事弁護活動は「時間の勝負」となることが少なくないため,緊急の相談に応じられるよう「刑事弁護ほっとダイヤル」を設置させていただきました。
    当事務所では「無料電話法律相談」専門ダイヤルを設置しておりますので,緊急性の無いご相談については,是非そちらをご活用ください。

  2. 2. 匿名での相談に応じることができません。

    電話の冒頭に,相談者様の①氏名,②住所,③連絡先電話番号をお聞きいたします。
    受任している事件との利益相反関係等を確認する必要があり,ご理解をお願いいたします。

  3. 3. 折り返しの電話での対応になる場合があります。

    平日の事務所営業時間(9:30~18:00)は,事務職員が氏名等をお聞きした後,すみやかに弁護士に引き継ぎますが,すぐに電話に出られないことがあります。
    平日の事務所営業時間(9:30~18:00)のほかは,土日祝日を含めて,担当弁護士が所持する専用の携帯電話に転送する対応となるため,すぐに電話に出られないことがあります。
    いずれの場合でも,できるだけ早く弁護士から折り返しの電話をさせていただきますが,お待ちいただく場合があります。
    折り返しの電話を希望される場合は,事務職員にその旨お伝えいただき,留守番電話の場合には,①お名前,②連絡先電話番号,③折り返しの電話を希望する時刻があればその時刻をメッセージとして残してください。

  4. 4. 緊急の弁護活動が必要な場合には,弁護活動の体制がとれる限り,委任契約の上,土日祝日でも対応いたします。

    まずは「刑事弁護ホットダイヤル」をご活用いただき,刑事手続一般のこと,対応可能か否か,どのような弁護活動が可能か,弁護士費用等について,遠慮なくお尋ねください。

お問い合わせ・法律相談のご予約

当事務所へいらっしゃる方は「弁護士に相談をするのは初めて」という方が少なくありません。
ご不明な点がありましたら遠慮なくお問い合せください。

Pagetop